ニードル脱毛

ニードル脱毛について

脱毛ニード ル脱毛とは、レーザー脱毛が使用される前に主流だった脱毛方法です。プローブという細い針を毛穴に入れて微弱な電流を流します。そうすることに寄って 発毛組織を電気の熱で固まらせてしまう方法です。
数年前までエステや医療機関ではこのニードル脱毛を行なっていました。しかし医療機関が麻酔によって痛みを軽減できましたが、エステでは麻酔を打てな いので痛みに対する苦痛が施術を受ける側にとって大きな問題となっていました。

ニードル脱毛は毛を一本ずつ脱毛処理を施すため、一度処理してしまうと毛が再生する可能性が極めて低いのが魅力です。レーザー脱毛が未だ発展途上なの に対しニードル脱毛は、永久脱毛性が高いのです。さらに、間引き脱毛や部分的な脱毛にも適しています。
黒以外の毛でも毛質や色を選ぶことなく脱毛が出来ます。産毛などの脱毛ならば殆ど生えることはないといえるでしょう。
さらにレーザー脱毛ではメラニン色素に反応することが原因で、日焼けしていれば脱毛は行なえませんがニードル脱毛ならばそういったことを関係なく脱毛 処理が出来ます。
最近ではニードル脱毛よりもレーザー脱毛が主流になってこの脱毛方法は減少傾向にありますが、まだまだエステサロンなどでは採用しているところもある ようです。

レーザー脱毛は円照射を行いますので、照射範囲が広いほど脱毛時間は短縮できますが、同じ範囲をニードルで処理する場合はやはり一時間弱は掛かってし まいます。
さらにプローブを毛穴へ差し込むには、かなりの神経を使います。あくまでも個人技となりますので、脱毛処理を行なう施術者の差が著しく出てしまうので す。そうして時間が掛かるともちろん、コストもそれなりに掛かってきます。つまりニードル脱毛の費用は高額になり、レーザー脱毛などの費用と比べてみ ても、その額は数倍になっています。

レーザー脱毛は患者の持続性が高いですが、対照的にニードル脱毛は途中でやめてしまう方が多い場合があります。その原因は施術時の痛みです。毛穴へ微 弱ながらも電流を流すニードル脱毛は、毛穴の数だけ痛みを感じます。医療機関で行なうニードル脱毛が痛みを伴い我慢できない場合は、麻酔を打ってもら うことも可能です。しかし麻酔は医療行為になりますので、一般的なエステサロンでは痛みを我慢する他、ありません。

ニードル脱毛は痛みを伴い高額であるという点が大きな難点ではありますが、永久的に脱毛出来るという点ではレーザーやフラッシュなどの脱毛よりも信頼 出来ます。脱毛したい部位に寄って、脱毛方法を変えるというのもアリかもしれませんね。

Copyright© ニードル脱毛について All Rights Reserved.